ご当地スーパー

【宮崎県】ご当地スーパーでお土産探し@フーデリー

全国津々浦々にあるご当地スーパーへ、おいしいお土産を見つけに出かけませんか。お土産屋さんで買うのもいいけれど、ご当地スーパーには魅力あふれるご当地食品がたくさんあります。今回は宮崎県編。マンゴー以外にも気になる商品がたくさん置いてありました!

宮崎県ご当地スーパー「Foodaly 青葉店」

宮崎県民に「おすすめのスーパーは?」と聞くと、よく提案されるのがフーデリー(Foodaly)。今回訪れたFoodaly 青葉店は、JR宮崎駅から徒歩15分程度と、便利な場所にあるので旅行帰りにお土産を買って帰るのにもぴったりです。

フーデリーの魅力は、品数の多さと商品の質の良さ。お肉やお魚は鮮度にこだわり、生鮮食品は常にフレッシュ。お店に入った瞬間から気持ちいい空気が流れていました。

店内に陳列されている商品はどれもおいしそうで、シズル感あふれる店内にときめきまくります。

お店に入ってまずは青果コーナーへ。宮崎と言えば!のマンゴーが、たくさん並べられていました(のに、撮り忘れた……)。マンゴーの他にも、南国・宮崎のスーパーにはフルーツが豊富。ちょっと珍しいパッションフルーツも、宮崎県産のものがありました。

続いて調味料へ。地域の名産野菜や果物を使った商品が意外と多い調味料コーナーは、実は絶好のお土産選びスポットでもあります。

フーデリーでは、宮崎県が名産地の柑橘「日向夏」を使ったドレッシングを発見しました!

同コーナーには、宮崎県で驚異的なシェア率を誇るという「戸村の焼肉のたれ」も。通常のたれの他、「チキン南蛮たれ」やドレッシングなんかもありました。都内のスーパーでは、「戸村の焼肉のたれ」はちょこちょこ発見できるものの、他の調味料にはなかなか出会えないのでこれぞ地元という感じです。

九州特有のあまくち醤油も発見。お魚がよく獲れる九州では、お刺身に合うよう醤油も甘めの味がスタンダードなのだとか(諸説あり)。

調味料コーナーを離れ、他のコーナーへ。

宮崎県のご当地グルメ・冷や汁が手軽に作れるパウチタイプの商品がありました。暑い日にさらっと食べられる栄養満点の冷や汁。夏のお土産におすすめですが、要冷蔵商品も多いので保冷バッグやクール便での宅配がマストです。

宮崎名物のご当地麺といえば「辛麺」。その名の通り、唐辛子がたっぷりと加えられたスープと、そば粉と小麦粉を合わせて作られた、通称「コンニャク麺」(なんで?笑)が特徴です。スープにはにんにくやニラ、ひき肉も加わるのでボリューム感抜群。

辛麺ほか、旨辛商品を集めたコーナー。おいしそう…!ちなみになぜ「コンニャク」なのかというと、食感が似ているから

「辛麺、おいしそうだけどカロリーおばけなのでは……」と不安を覚えますが、大丈夫。麺には食物繊維が多く含まれカロリーも通常より低め。ダイエット中の方でも安心して食べられる……とまではいかないかもしれませんが、ちょっと罪悪感は減りそうです。

お肉のコーナーでは鶏の炭火焼を発見。鶏の炭火焼って、柚子胡椒をつけて食べるとめちゃくちゃおいしいですよね。お酒好きな方には地ビールなんかと一緒に、こんな“あて”になるものをお土産にしても良さそうです。

飲料コーナーではご当地飲料メーカー・デーリィの牛乳や、人気の「ヨーグルッペ」を発見!ヨーグルッペは定番のプレーンタイプの他、フーデリーにはりんご味もありました。

同じく人気の「skal(スコール)」は、宮崎らしくマンゴー味をラインナップ。ご当地飲料×ご当地果物の組み合わせで、お土産にあげたら喜ばれそうです!ちなみに、別コーナーにはシリーズ品のアルコール入りサワーも置いていました。

大人にはサワーもおすすめ

そんなわけで、数ある宮崎ご当地食品の中から以下のものを持ち帰りました!

 

おすすめ宮崎土産

※価格はすべて税抜です。

デーリィ南日本酪農協同「スコール マンゴー」

「デーリィ」ブランドからは宮崎県民に親しまれるロングセラー飲料が複数販売されていますが、その一つが「スコール」。ほどよくシュワッとする、炭酸の乳酸菌飲料です。「愛のスコール」というキャッチコピーでPRされており、「子どもたちにおいしく飲んでもらいたい」という愛がたっぷり詰まっているのだそう。

定番の味は緑のパッケージが目印の「スコールホワイト」ですが、宮崎県らしいマンゴー味も。ご当地飲料とご当地果物のいいとこどりなお土産になりそうですね。

価格:90円

デーリィ南日本酪農協同「ヨーグルッペ」

同じくデーリィブランドから販売されている「ヨーグルッペ」も、宮崎県民が小さい頃から親しんできたロングセラー品。こちらも乳酸菌飲料ですが炭酸ではなく、サラッとしたヨーグルトドリンクです。酸味は控えめで甘酸っぱく懐かしい味。アルプスの少女ハイジを想起させる少女のイラストがすてきなパッケージも最高です。

価格:58円

ヤマエ食品工業「日向夏ぽん酢」

宮崎県が生産量No.1をほこる柑橘・日向夏は、マンゴーに続く(?)宮崎県のご当地果物。季節などの都合により日向夏を持って帰るのが厳しい場合は、日向夏を使ったぽん酢はいかがでしょうか?いつものぽん酢と少し違った独特の香りと風味が、夏は冷しゃぶサラダ・冬はお鍋などに大活躍しそうです。

価格:368円

戸村精肉本店「戸村の焼肉のたれ」

宮崎県の家庭には必ず1本あるとかないとか……!?そんな噂も聞く「戸村の焼肉のたれ」は、宮崎県内の焼肉だれ販売シェアの圧倒的割合をしめる人気商品。手作りがモットーだそうで、品薄になることもしばしばあると聞きました。

醤油ベースのたれに、にんにくやたまねぎ、りんごなどがたっぷり入っており、コクがあって最高においしい。少しこってりしているように思えますが、食べ飽きない味で肉も野菜もどんどん進みます……。写真の小さめサイズから大きなサイズまで揃っていて、シリーズ品もあるので好みや家族構成に合わせて選べるのも嬉しいですね。

価格:228円

早川しょうゆみそ「佐吉のたれ」

「佐吉のたれ」は、たれとして使える醤油風の調味料で、お酢も入っているのですがツンとしすぎず使いやすい!パッケージにあるように、かつおのたたきや水炊き、餃子など1本あるといろいろな料理に使えます。お酢の酸味が苦手な人からも好評とのこと、だまされたと思ってぜひ一度使ってみてください(おいしいです)!

価格:498円

にとん屋「焼肉ザパンチ」

「焼肉ザパンチ」というネーミングセンスにグッとくるこちらの商品は、本商品に柑橘の果汁をしぼって食べる焼肉だれの素。天日塩とフライドガーリック、胡椒などを合わせて作っているそうで、材料をきいただけでよだれが出そうです……。ちょっと変わった焼肉の楽しみ方として、ぜひお試しください。

価格:380円

宮崎空港ビル「ガンジスカレー」

「ガンジスカレー」は宮崎空港ターミナルビルの誕生とともにうまれた、空港の名物カレー。宮崎空港内の飲食店でも食べることができますが、空港内にはお土産用のレトルトカレーも販売されています。気になるお味は、甘辛いルーにひき肉や粗めにみじん切りされたたまねぎが入っていて、こっくりとした食べ応え抜群のカレー。「電車ルートで宮崎へ来ているから空港は使用しない。涙」という方もご安心を。フーデリーで発見できます!

価格:510円

こちらは宮崎空港内のお土産屋さん店頭の様子。大量に陳列されてる

辛麺屋桝元「辛麺」

宮崎県のご当地麺といえば辛麺。そば粉と小麦粉を合わせて作る、通称・コンニャク麺が特徴的です。残念ながらコンニャクは使用されていないものの(まぎらわしい!)、食物繊維たっぷりでカロリーも通常の小麦麺より控えめ。スープは醤油ベースのさらっとしたスープに、にんにくと唐辛子でコクのある辛さに仕上げています。家で食べる際は、たっぷりのニラとふわふわの溶きたまごを加えて食べると至福の極み。

辛麺にはいろいろ種類がありますが、おすすめは宮崎県内に複数店舗を展開する本家本元の飲食店「桝元」の辛麺です。

価格:428円

南国らしいフルーティな味付けや、食欲のわくスパイシーな味付けの商品が多数発見できた宮崎県。商品セレクトにこだわりを持つフーデリーでは、かなり多くのご当地食品が発見できました!ぜひ行ってみてくださいね。

betitbet giriş -

bahsegel

-

lidyabet yeni giriş

- Antalya escort